読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪に行って来ました〜万博記念公園編

堂島ホテルで目覚めた6月5日(土)。

なんだかこの日も朝から暑いです。

今回の大阪で、どこに行きたいか?と聞かれて

あれこれ考えて、出したのが「太陽の塔が見たい!」でした。


というわけで、待ち合わせは太陽の塔の下。

新大阪のコインロッカーに荷物を突っ込み

千里中央からモノレールに乗る。

ゆりかもめと同じように、ワンマンでした。



万博記念公園駅で下車。

高速道路を挟んだ向こうに見える太陽の塔

でっかい。

そして微妙に駅から遠い。

とにかく暑いっす。



太陽の塔の真下に来たのは待ち合わせより少し前。

先に少し針穴しようと思っていたのですが

2枚ぐらい撮って、フィルムチェンジといういいわけで

木陰に入ったら出られなくなった(笑)。

だって暑いんだもん。



一応、ダンボーとの記念撮影。

しかし暑いっす。



後ろ姿の太陽の塔

友達にケータイのメールで送ったら

「すごい悪そうな顔をしてるんだね」と返事がきた。



tearoomさんと合流して、太陽の塔を針穴する。

横向き後ろ向き葉っぱ越しと、いろんなところから撮ったけど

きっとどれも「あぁ、太陽の塔だ」になるんだろうな(笑)。


お昼ごはんは冷房があるところにした。

国立民族学博物館にある「レストランみんぱく」。

ここで、ベトナムセットを。

美味しかったのでちょっとびっくり(笑)。



ここにご近所だというmorioさん合流。

今年の9月に行う「針穴魂」の打ち合わせ。

そうなのです。

今年はtearoomさんも参加して下さいます。

タイトルやもろもろ細かいことの確認をして、木陰に移動。

木陰で食べたのはtearoomさんが前日にmorioさんにリクエストしていた

フルーツ餅

苺大福の餡子の部分がすごく少ないというイメージです。

中の果物がすごくフルーティ。

私が食べたのは桃ですが、白餡で薄く包まれていました。



甘いものを私たちに補給して、morioさんは帰って行きました。



私とtearoomさんはソラードへ。

鳥の目線で森を散策できる空中遊歩道のようなもの。

目の前に木々の上の方が現れ、

鳥の声が上からではなく同じ高さから聞こえてきます。

途中で下に降りて小川を感じたり

落ち葉の感触を踏みしめたりできます。



終点は一番高い所。

上ってみたら、森の向こうに太陽の塔がニョキッ!

わぁ〜!と子供じゃなくても声をあげちゃうね。



この日は、蛍を放流(であってるのか?)する日とかで

いつもなら17時に閉園になるのに夜まで営業してました。

だから夕焼けもここで過ごそうと、二人で公園内をふらふら。



夕日の二人の影。

昨日と今日と、2日間、ありがとね。



夕暮れになった中の太陽の塔

目が光ります!

これ、最近らしいですね。

でも普段は公園の外からしか見えないんだよね。

蛍の放流(あってる?)の日に当たって良かった。



当然、針穴するでしょ〜。

なんてのんびりしてたら、西はやっぱり日が長い!!

え?19:30になる??

がーん。新幹線乗る前に串カツ食べようねって言ってたのに

そんな時間は全くない。

とりあえず、新幹線には間に合った。

ホームで缶ビール一気飲みして(ちょっと自分が怖い)

新幹線に乗り込んで、ふぅと一息ついたら

窓の外はもう夜。

ダンボーもお疲れ。



大阪一泊二日、楽しかった。

どんな針穴写真が撮れているか、楽しみです。



追記

太陽の塔の針穴写真できました。