読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月10日(土)夢のつり橋へ



朝、旅館の障子を開けたら、青空が!

わーい。


泊まったのは寸又峡温泉

山あいの小さな温泉街という感じです。

千頭駅からバスで30分ちょっとかな。



早起きしたのは、夢のつり橋に行きたかったから。

駅からは遠いので宿泊をここにして、電車に乗る前に行っておきたかった。

早朝にしたのは、観光客が少ないだろうと考えたので。

だってやっぱり静かに味わいたいじゃないですか〜


朝6時に宿を出て、朝食までに帰ってくる計画。

前日に訊いたらだいたい片道30分ぐらいとのことなので

早起きしましたよ〜。

道はわかりやすいです。

途中トンネルがあって抜けるとぐっと渓谷な風景になります。


そしたらね、道に何かいる?あれ?あれ?

なんと、カモシカに遭遇!

写真撮れるかな〜と近寄ったら

向こうもキョトンとしてて、じっとしてた。

でもここまで近づいたら、さっと斜面を下りて行ってしまったよ。



それからてくてくと歩き、見えてきました。

何という湖の色!

鳥の鳴き声に包まれて、わぁ〜とダンボーも感動です。



つり橋はホントのつり橋。

足を踏み出すと、ゆらゆらゆらゆらと揺れます。

ちょっと大股に歩くと揺れ幅が大きくなってブランコ状態。

定員10名と書いてあったけど他の人が歩いていたら

この揺れはかなり怖い。



水の色はもっと寒い時期だとさらに冴えるらしいです。

でも何とも言えないこの色に山の景色が映るのを見てると

飽きないなぁ。

この空間を静かに味わえて、やっぱり早起きして良かった。


針穴たくさんして、宿に戻りました。