読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

門司港へ

北九州市門司港へ行きました。

さすがに今回はマイレージも貯まっていたの福岡空港まで飛行機で。





飛行機に乗る時に億劫なのはフィルムのこと。

X線防止袋に入れて手荷物で持ち込み、手荷物検査では鞄から出して渡す。

X線を通さないので結局は、中を見せてください、と言われる。

ドサドサとブローニフィルムが今回は30本が出てくる。

これはまぁ、未開封なので問題無し。

いつも困るのは4x5のフィルム。

たいていは使いかけなので箱の封は切れている。

そうすると、中を見せてください、と言われる。

フィルムなんで中は見せられません、と答える。

中を見せられないならX線を通してください、と言われる。

だからフィルムだから....の堂々巡りになる。

でもまぁ、4x5フィルムなんて知らなくて当然だから仕方ない。

なので、海外に行く時はまだ残っていても

新品を未開封の状態で持って行くんだけど、さすがに今回は。

てなわけで、X線通しました。

どうなるか分からないけど、カメラ仲間の意見だと

ISO50なら大丈夫じゃない?なので、それに賭ける。

ところが!

いつものように、X線防止袋で手渡しした。

「あ、フィルムですね〜。どうぞ〜」

え??それで、終了?

だったら、だったら、だったら〜〜、

4x5もX線防止袋に入れたのにぃぃぃぃぃ。

まぁ、もう仕方ないよね。

男性は、自分の上着やズボンのポケットに詰め込んで通過するらしい。

金属じゃないので検査も通るらしいよ。



まぁ、そんなわけで毎回飛行機に乗る時は憂鬱です。

これが帰りも同じことを繰り返すわけですよ。

仕方ないけどね。



福岡空港は博多まで地下鉄で15分くらいで着くから本当に便利。

空港と都市部がこれだけ近いことに意味がありますよねぇ。


博多駅からは、鹿児島本線!(響きがたまらん!)で門司港へ。





ダンボー、初めての鹿児島本線です。





そして、門司港駅

降りてホームに立った時、涙が出そうになった。

明治村とかそういう場所で嗅ぐ、古い建物の匂いがした。





残念ながら駅舎は改修工事中。

でも、このホーム。

このホームは、やられたねぇ。

しばらく歩き出せなかった。

門司港駅の車止め!

大好きな腕木式信号機も保存状態よし!





そして、まずホテルに荷物を置こうと思って歩き出したら。

うわぁ〜、どうしよう!です。

なんか、前を見てもどっちを見てもいい建築物だらけで

どこから見たらいいのか、軽くパニックになりました(苦笑)。


今回、門司港に来たのは理由があります。

針穴仲間の大場典子さんの写真展を見るため。

だから夕方前には門司にある北九州市門司麦酒煉瓦館に行かなくては。

まずは、駅に保存されている洗面所を。





それから、運行日が限られている門司港レトロ観光列車に乗る。





その門司港駅の車止め!




この車両、島原鉄道で走っていたやつらしい。

島原鉄道トロッコ列車、乗ったなぁ〜。


そして、門司駅へ。

門司駅で降りたらホームに美味しそうな立ち食いそば屋さんが。

おすすめのかしわうどんを。





これ、美味しかったです!

小倉駅に行くとこれがご飯に乗っているお弁当があるそうで

きっと、それも美味しいに違いない!


お昼ご飯の時間を削っていたので、このうどんはしみた〜。



で、大場さんの展示です。

こんな素敵な煉瓦の建物の中で近代建築の針穴写真を展示できるなんて

羨ましいです〜。





いった門司港へ戻り、ホテルの部屋を確認。

こんな夕暮れが見える部屋でした。







夕飯は、大場さんと記念に、河豚!

旧門司三井倶楽部の中で食べられちゃうのです。

昼間は、名物の焼きカレーも食べられるらしい。






最初、軽くパニックになったけど、冷静に地図を見て街を歩くと

とてもコンパクトなことがわかったので

見たいところはきっと全部見られるはず!です。


明日も、門司港をあちこち回ります!