読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草津温泉に行ってきました。

18きっぷ草津温泉に行ってきました。

実は、初!草津なのです。

吾妻線には乗りに行ってるけど温泉には行けてませんでした。

てなわけで、まずは上野から高崎線に。






高崎から吾妻線

高崎駅、すっごくきれいになってた。

改札口を出たところが、前もお土産物屋さんが並んでいたんだけど

そこがすっごく広がって、細かい店ごとだったのが大きな空間に。

世界遺産に登録されたから富岡製糸場関連のお土産も増えてました。

前に行った時は閑散としてたけど、

きっと今は凄く人が来てるんだろうなぁ、富岡製糸場

前みたいに三脚なんて立てられないかもな〜などと思いながら

手ぬぐいを買っちゃった(笑)。






長野原草津口駅からは電車到着に合わせてバスが待ってます。

で、草津温泉と言ったら、湯畑ですよね。






ちょうどこの湯畑の源泉を流す樋についた湯の花を剥がしている人と話をしたんだけど

酸が強いから目が真っ赤になる。

源泉の湯気で暑くて汗が流れるとその汗に酸が混じるので目に染みるそう。

それと、虫歯が増えるんだって!

酸が歯のエナメル質を溶かすからだそう。

知らなかった〜!


さて、温泉です。

明日の天気が悪そうなので、でっかい露天風呂には先に行こう!

てなわけで、西の河原露天風呂へ。

ここのお湯は透明。そしてひろ〜〜〜い!

お湯も熱めだけど外の気温が低いのでの〜んびり入っていられます。

さすがに、ここの写真はないです。


それから、湯もみショー!

湯もみは温泉に入る前の準備運動代わりでもあるそうだ。







イメージとして、湯もみショーは外の湯畑でやってるって思ってたけど

こういうショーとして見せる施設があるのね。

観光地のこういうのってなんか寂しい気持ちになることが多いけど

平日だったのにほぼ満員。

体験湯もみには人気で、ぼさっとしてたらあっという間に定員でした。





で、宿へ。

草津温泉は初めてだったので泊まるところ凄い悩んだんだよねぇ。

予算のこともあるし。

結果的に、お湯で選んだんだけどお湯は大正解だったけど、

もうここは次はないな〜って感じでした。







なんと、部屋の電話が黒電話!

ひっさしぶりにみた。むやみにダイヤルを回してしまった。

うんうん、こういう感触。

ダイヤルが回る音が懐かしい。


とはいえ、万事がこんな感じの宿。

繁盛している時に、増築増築を繰り返した感じで

今ではそれがすっごく負担になっている感じ。

食事も典型的な昭和の旅館の料理。

館内のあちこちがレトロ、じゃなくて放置気味。

でもねぇ、お湯は湯畑のと自家源泉の2種類あって、

そのどちらも本当にすっごくすっごく良かった。

草津のお湯がいいっていうのは本当だね〜


翌日、さらに2ヶ所、温泉を巡りました。


案の定、雨模様。








宿の湯畑のお湯が本当に良かったので湯畑の脇にある

白旗乃湯!!!

ここでは、偶然にもひとりになる時間があったので

写真を一枚。






小さいんだけど、こんな素敵なステンドグラスがあって

めっちゃ雰囲気がいいの。

で、湯畑だからめっちゃ熱い。

でもね〜、入るでしょ、そうするとその熱さがピリピリじゃなく

じわじわと柔らかい熱さなの。

じーっとしてるとじわ〜っと体の普段は温まらないようなとこが

どんどんあったまっていくのが分かる。

で、ちょっとお湯から上がって休んだらまた入る。

これがね、癖になるんだよね。

辛いものが苦手でも美味しいとちょっと休むとまた食べたくなる

そんな感じ。

お湯に入ってじわじわ〜っとして、あがって休んでまた入る。

もう、出ようかなと思っても、あ、やっぱりまた入ろうになっちゃう。

癖になるね〜。



途中から、地元のおばちゃんが入ってきた。

「あんた、旅の人?」

って、旅の人って言葉が凄く気に入った!

それから色々話した。

この夏は一度もお炬燵をしまえなかったとか。

朝晩の寒さが今年は厳しかったんだって。

それでも例年もお炬燵をしまうのは8月ぐらいだって言ってた。

そんな話を聞きながら、おばちゃんが少しずつ脱いで行くと、

あらまぁ〜、とビックリするような背中から太腿一面の入れ墨。

驚いた顔を見せずにそのまま話をしました。

本当は、入れ墨のことも聞きたかったけどねぇ。

さっぱりとした感じのいいおばちゃんだったけど、

どんな人生だったのかな〜と思う。



次は、地蔵乃湯

この先でいいのかな?と不安に思うような細い路地を歩いていくと

突然開けます。

ちょっとした公園のように整備されたところに足湯もある。

ここのお湯は透明。

湯船のすぐ脇に脱衣所があるのでちょっとビックリする。

ここは外の光が多めに入ってその光に湯気が漂っていい感じ。

熱めだけどここも長湯したくなる〜。

湯畑源泉とはまた違う暖かさ。


今回は、ここまで。

草津温泉、いやぁ、良かった。

草津よいとこ一度はおいで、は本当だった。

平日なのに、結構な人出。

不思議だったのは、若い人が多かったこと。

大学生ぐらいのグループがたくさんいた。

しかも、男子だけっていうグループが多かった。

私たちが大学生の頃、男子だけで温泉に行くか?と思った。

今は、違うのか、何か流行りがあるのか、ワカランが。



でもきっとリピートする人も多いんだろうなと思った。

だって私もきっとリピートする。

ってか、18きっぷで日帰りでもいいから来ようと思うよ。

あの温泉の良さが頭から離れないって感じ。

一回り体が縮んだぐらい、むくみが取れて、靴も服も指輪も緩くなった。

一年中冷たいお尻とか、腿の裏側とかもポカポカ。

でも一緒に行った旦那さんは「お湯に入るたんびに疲れる」と言ってた。

温泉って合う合わないもあるからね〜。

私は草津温泉に住みたいぐらいだよ(笑)。



バスターミナルにある足湯も源泉掛け流し!

なんて贅沢!

バスの時間まで半端に時間が余ったので足湯も!

いやぁ、足湯も癒される〜。


吾妻線八ッ場ダムで話題になった路線。

ダムの関係で線路の付け替え工事が進んでいました。

長野原草津口駅はぴっかぴかに!

で、その長野原草津口駅に車止めが。

たぶん、特急の草津止まりとかが使うところなのかも。

線路の車止めだけじゃなく、架線の車止め(で、いいのか?)も兼ねてたよ。






絶対にまた行く!草津温泉!!!

各駅停車だとウチから5時間ぐらいかかるけど、絶対に行くぜ!

いやぁ、本当に住みたい。

仕事が何とかなるなら毎日ここのお湯に入りたい。