読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸上自衛隊 習志野駐屯地 第一空挺団 降下訓練始め

別にミリタリーオタクではないですが、

普段公開されてない場所、見られない物が

特別に見られるとなると、行ってみたくなります。


というわけで、陸上自衛隊 習志野駐屯地 第一空挺団

降下訓練始め、というのに行ってきました。

だったんですが、旦那さんが二日酔いのため、朝起きられず。

なので、肝心のパラシュート降下は見られませんでした。





裏門から入ったのですが、ちょうどすごい人の波が

ある一方向に向かって歩いているので、何かあるのかと着いて行ったら

たんに、メインイベントが終わって帰る人の波でした(苦笑)。

でも、横を「シャトル」と書いたこんな車が通るので

気になって気になっていたら、

正面の門とイベント会場とを結ぶシャトル。





てなわけで、正面の門付近から乗ってみましたよ!





こうやって車内から後を見ると、習志野というよりも

どこだ、これ?って場所に見えてくるから不思議。





公開日とはいえ、自衛隊の基地内なので

一般の人に混じって何が起きるか分からないから

警備の数も多かったです。

立ち姿が、凛々しいですね。





いろんな銃器、車両、輸送機なども見ることができ、

そばにいる自衛官には質問をしたり、

一緒に写真を撮ってもらえたりします。





あの高い何かは、訓練に使うんだろうな〜。





魚がぽかっと口を開けているように見えるけど

すっごく大きいヘリコプターのお尻。

車両を積むこともできます。





今回は針穴は持って行かなかったのですが

って、針穴持って行っても、どうかな〜とも思いますが

ミリオタさんたちのカメラ機材がすごかったですね〜。

そんなでっかい望遠レンズで、どこまで近寄るの?って。

あと、模型の人たちは、自衛官に対する質問が細かい!

横で聞いていて、びっくりしますよ。

▽△の写真で見たんですが、どこそこに傷がありますか?とか

小さいステッカーには書いてあるのはなんですか?とか。

自衛官はそれらをとても丁寧に気持ち良く答えていて、

オタクさんたちはその答えを逐一メモに書き留めていました。

まだまだ知らない世界がありますな〜。


来年こそは、しっかり早起きをして、パラシュート降下を見ないと!

と、決心したのでした。