読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最終日のメインイベント!


今日が函館での最終日。

最終日にいいお天気になるのは、雨女のお約束(笑)。





午後遅めの列車に乗る予定なので、ほぼ半日時間がある。

さて、何をしようかと考えながら、入場券を買って

函館駅のホームをぶらぶら。

真っ白な中にぽつんと貨物の何かだと思うが

止まっていて、それが黒と白のツートンでかわいかった。





端っこまで来て振り返ると、緩くカーブした函館駅のホームは

長い!!





天気が良いので、やっぱり行っておこうと思い

五稜郭へ行くことにした。

電停で降りても微妙にどっちに歩けばいいのわからんが

同じような観光客が歩いていくので、くっついていった。

突然、五稜郭タワーが現れた。





団体客もいて、エレベータに乗るのに少しだけ並んだ。

展望フロアに着いてパッと目の前に現れたのが

こんな景色!

思わず「わぁ〜!」と声を出してしまった。





真っ白。とにかく真っ白。

堀の水も見えず真っ白で、塀などの鋭角さが際立つ。

晴れた青空と、まぶしい真っ白で、本当にきれい。





函館の市内の景色、海の方、青森も見えた。

五稜郭タワーはぜひ、登ってみるべきだと思う。

上からじゃないと、形がよくわかんないものね。

桜の季節もきれいなんだろうな〜


上から見たものを頭に描きながら、散歩する。

雪がけっこう積もっていて、あんまり歩いた跡がなく

本当に真っ白だったので、

ダンボーを埋めてみた(笑)。





かなりのんびり過ごし、復刻して建設した函館の関所の中も

ものすごく堪能。

いろんな意味で面白かった。

特に世界中にある五稜郭な形をした要塞を見られるのがおもしろい。

シーズンオフなため、好きなだけあちこちの映像を見られたよ。


最後のお昼ご飯をどこで食べようか悩んで悩んで

函館の王道な五島軒にした。





カレーが名物のようだったけど、古い洋食屋さんなら

ビーフカツレツかクリームコロッケだよね。

てなわけで、カニクリームコロッケにした。

クリーミーで、ソースも美味しかった〜。





函館を歩けるのもこれで終わりなので、

歩いて函館駅まで向かうことにした。

マンホールもイカ!だったよ。

函館のイカール星人のグッズをいろいろ見てたんだけど

事前に目をつけていたのはことごとく売り切れで

友達に頼まれていたのも、売り切れていた。

もっとイカール星人、遊んで盛り上げればいいのにな〜と

思いましたが、函館の人は嫌なのだろうか?





さて、この旅のメインイベント!

電車で東京まで帰るよ!!

見よ!この、切符!





もちろん、鈍行ではないんですよ。

やってみたいけどね。

とりあえず、青森へ。





さよなら、函館

さよなら、北の大地





今日の夕焼けはきれいそうだな〜

こんな日に函館山から見たらきれいなんだろうな〜





さぁ、初めての青函トンネル!!

アナウンスはなく、電光掲示板での表示だけ。

当たり前のことながら、真っ暗。

途中、寝落ちした(笑)。





途中から、この前の夏に通った津軽線

景色は夏とは一変した、雪景色。


青森についた時には夜になっていた。

そして、雪がすごかった。

駅前の広場でこんな素敵なイベント!

針穴する時間がなくて、残念。





そして、そして、やった〜!

この表示を見よ!

「上野」って書いてあるよ〜〜〜ん。





いえぇ〜〜い!「あけぼの」!

寝台車大好き!!

前日も、その前の日も、雪と風で運休になっていたので

ひやひやしたよ〜〜





しかし、ホームが真っ暗で針穴できず!

露光時間1時間と表示され、それ無理っ!と

涙をのむ。


「あけぼの」には「ゴロンとシート」があって

しかも、男性用と女性用に分かれてるの。

寝台料金が取られないので(寝具類がない)お得ですが

今回はこれじゃありません。





B寝台個室ソロっていうやつです。

だって、車内をうろうろしたいんだもん。

荷物を置いてうろうろするには鍵がかかる部屋が必要。





せまっ!!

本当に狭い。

ドア開けたら荷物はベッドに置かないと自分が入れない。

金沢に行く「北陸」の方が広かった!

あぁ、あれも廃線になってしまったよねぇ。





さよなら、青森。


旅は目的地も大切にしたいけど、

往復の行程ものんびり旅として楽しみたい。

それは贅沢な話なのだけど。

だから今回は往路は飛行機、帰路は寝台車。

ゆっくりゆっくり旅の終わりをかみしめながら

家に向かおう。

帰る場所があるから、旅なんだと思う。





しかし、この狭さが妙に落ち着くんですわ。

子供のころ押し入れで寝た時みたいな感覚。

本を読んで、音楽を小さな音でスピーカーから聴いて

列車の振動音がずっとあって、

たまに駅でガチャンと止まって、

ふと目が覚めてカーテンの隙間からのぞくと

真っ暗な闇の中に雪景色がぼや〜っと浮かんでる。



とかなんとか考えながらぐっすり眠って

目が覚めたら、関東でした。

しかも、雪が降ってる!

え?もう、雪はお腹いっぱいなんですけど〜(笑)

ま、すぐに止みましたけどね。





無事に上野駅に到着。





上野駅13番線ホームの車止め。

いつも寝台車はこのホームだな〜。

車止め。

ここで終わり、でもここから始まる。