読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご近所散策

日々のこと

千葉に引っ越して1年と半分くらいが過ぎました。

住宅街に住むのが人生初めてなので、

この季節感のなさっぷりに、なかなか慣れません。

住宅街の方が季節が感じられそうなのに

実際にはそうじゃないんだな〜と思います。

街路樹の種類があまりないので、感じられる季節はひとつだけ。

住宅街って一年中、同じ雰囲気で変わらないんだな〜。


テレビで、一の酉のニュースを見て酉の市を知るなんて

と、ちょっと思ったりしました。



とはいっても、ぶつぶつ言ってばかりもいられないので

ご近所の散策をよくします。

駅側に行くと普通なんですが、家の裏の方に行くと

「ここはどこですか?」という風景が広がります。

街灯もなく、道路も舗装されてなくて、放置された造成地のような

雑草やなんかは好き勝手に生え放題、

人が歩いて来た方がびっくりして警戒しちゃうようなところ。





日本ってどんな辺鄙な所に行っても

道路が舗装されているってイメージがあるので

自分ちの近所に未舗装道路が広がるとは思いませんでした。





とはいっても、なんか一年中同じような風景なんだよね〜

けっこうこの辺を散策しているんだけど

なかなか針穴する気持ちになれない、というか

どう撮ったらいいのか、わからない、が正解かな。


ここも止まっていた造成地が動き出した様子。

そうすると、あっという間に家が立ち並んでしまうんだろうな。

それはそれでこの放置っぷりが見られなくなってつまらないかも。

針穴するなら今のうちかな〜。