読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北の大地へ〜その2


目覚ましのセット時間は4時20分。

とりあえず着替えてカメラと財布だけ持って部屋を出る。

なぜなら、泊まったホテルは星野リゾートトマム

ここに泊まった理由は、雲海テラス目当てです。

本当は1泊は富良野辺りでも良かったんだけど、

なにせ、私は雨女より上の異常気象を呼ぶ女(笑)なので、

雲海を見られるチャンスは1泊よりも2泊だろう〜って旦那さんの意見で連泊です。

さぁ、ちょっとだけ期待を込めてゴンドラ乗り場へ。





がっくり。

でも、まぁ上まで登ってみようじゃないか。





こんなきれいな朝の空。

テラスは予想外に寒い。

無料の貸出ウエアがあるけど自分でも多めに着て行った方がいいです。

ここにスープストックトーキョーがあったのは、おじょうず!と思った。

なんかあったかいスープを飲みたくなるんだわ。

まぁ、空席がなかったので飲まなかったけども。





下で見た朝焼けもきれいだったんだけどねぇ。

ま、明日に期待だ!





朝ごはんを食べて車で富良野、美瑛方面へ。

途中、富良野線と並走した。

いくつかの路線とクロスしたり並走したりしたんだけど

列車の姿を見たのは、これだけ。

本数、少ないのねぇ。

いつかは各駅停車でガタゴト旅をしたいぞ。





旭川で借りたのはトヨタレンタカーなのでパッソ。

うーんとね、中が無駄に広い。(以下省略<苦笑)





で、富良野や美瑛というと、なんとかの木とかパッチワークとかだよね。

てなわけで、たぶんマイルドセブンの丘。





なんとかの木(苦笑)。





っていうのは、もう何がなんだか

よくわかんなくなってきちゃったんですよ、途中で。

曲がり角に目印なんてないので、どこ走ってんのか、何なのか(笑)。

ナビに入れる住所はその木そのものの住所なので、

それはひと様の畑や丘の上だったりするわけで、

入れるわけないので、その木が見える場所を探してうろうろ。


でもまぁ、そのうろうろでいろんな景色を見られたのでいいや。

この木を絶対に見たい!!っていうわけじゃなく

それら全部を含んだ風景や、空気を感じられればいいわけなので。





空は広いし、積雪した時に必要な矢印は好きだし、

信号はないし、大きい区画の畑が広がっているし、

見渡す限り丘〜〜だし。





てなわけで、有名な富田ファームはパスしまして

四季彩の丘に行きました。

向日葵が咲いてそうだったので、それを見たくて。

だって、今年向日葵畑見てないんだもん。

すごいきれいな色が広がっていました。

真夏にこれだけの色の咲く花を揃えるのって、大変だろうなぁ。





咲いてましたよ〜、向日葵も。

高台から向日葵の後ろ姿からずーっと向こうが見えて、爽快。





もういっちょ、国道沿いにあったかんのファーム

ここも見やすい広さできれいでした。





ホテルに戻って、明日の雲海が見られることを願いながら

北海道限定(とあとで知った)のサッポロクラシックラガーを飲む。

ビールは、瓶が好き!(ホントは小瓶が好き)





何かここだけは絶対に見たい!というのがなかったのだけど

富良野、美瑛をうろうろと車で回れたのは楽しかった。

空の青さと広さ、畑の広大さ、丘の起伏など

あぁ〜、近所の畑とは違うぜ〜と満喫。

日差しが強く、湿度がなくて、カラっと気持ちいいお天気なのも

ラッキーでした。


今度は、欲を言えば、真冬に来たい。

真っ白な銀世界を見たい。

そんなことになったら自力での運転は無理、だろうな〜