読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二年ぶりの三社祭だよ

日々のこと


土曜日の午前中、実家に祭り衣装を取りに戻る。

門前仲町の風景の中で、ここが一番好きだと

離れて見て実感した。

桜の葉の緑が本当にきれい。



桜並木の下は遊歩道になっている。

この道を何度ワンコを連れて散歩しただろう。

花の季節、新緑の季節、紅葉、冬木立ち。

四季の移り変わりを日々実感できた場所。



ワンコは普通にお出迎え。

なんでしょうね、この子のこのいつもと同じ感じ。

こっちは久しぶりだから大歓迎を期待するけど

まったくもって、ふつ〜〜な反応です。



さてさて、二年ぶりの三社祭に親戚

(本当は親戚じゃないんだけど、

説明が長くなるので、親戚ってことにしておく)

とにかく、親戚の家に行くと二番目の娘に娘が生まれてた。

5月1日生まれなので本当に生まれたて〜

こんな生まれたての赤ちゃん、久しぶりに見た。

この赤ちゃんを産んだ子が生まれた時を知ってる私としては

感慨深いものがあります。

年、取りましたなぁ>自分。




土曜日は町内の宵宮で二年振りにお神輿を担ぐ。

スカイツリーも完成して後はオープンを待つばかり。



で、その親戚の家の長女の長女が小学校4年生になっていて

「もう子供神輿はつまらない」などと生意気なこと(笑)を。

宵宮は隣の町会との合同なので、お神輿が三基出ます。

(お神輿の単位、基であってるのか?台かな?)

大・中・小。

大は普通の大人神輿、中は女神輿と言ってますが男も担ぐ、

小は子供神輿。

てなわけで、子供らも中神輿に入りました。

ぶら下がっているだけだけど(私も似たようなもんですが)




明けて、日曜日。

この日はメインの本社の神輿が町内を回ってきます。

今年は一宮で三番目だったので朝早い!

みんな、ワクワクして待ってます。



お神輿の場所の取り合い圧し合い押し合いですが

2時間近く、けっこう中に入れました。



午前中にメインが終わってしまい、午後からは町内を少し担いで

二年ぶりの三社祭が終わりました。

やっぱり、三社祭がないと

年が明けないというか、夏が来ないというか。

来年も三社祭ができるような年になりますように。


写真がほとんどないのは、お神輿を担いでいるからです。