読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日目はハンティントンビーチへ

いいお天気の三日目。

午前中はNAMM Showで相方はお仕事。

私はそこらをふらふら。

午後から遅めのお昼ご飯と夕焼けを狙ってハンティントンビーチへ。



ランチは適当に入ったイタリアン。

私はラザニアに。

うーん、味は普通。そしてパスタがちょい茹で過ぎ。



ちょっと高級なサーフィンの町は静かな観光地でした。

少しだけお店を見たりしながらビーチへ。
いやもう、ビーチだけでいいでしょ〜
やっと西海岸に来たなって実感したよ。



西海岸のビーチのイメージは桟橋。

アメリカンドラマ好きとしては、永遠の名作「ビバヒル」とか

最近では「The OC」とかで似たような風景を目にしてました。

(ま、OCは途中から見なくなってしまったのですが)



(針穴写真はこちら)


この日は風が結構強くて、海岸にいると寒く感じてしまった。



桟橋の上からビーチを見ると空が映ってた。

この広くて白い海岸はやっぱり海外だな〜と思います。



(針穴写真はこちら)


桟橋の突端まで行くと、海の上って感じ。

ここにダイナーみたいなカフェがあって、

たぶんOCの中で最初のデートに使ったと思われる店なので

ここで甘いもの補給したかったのですが、

なにせ、相方が甘いもの全然必要なしな人で

あっさり却下されてしまった(苦笑)。



ここの桟橋はコンクリートなのね。



(針穴写真はこちら)




光が強くて、まだ夕方じゃないのにこんな景色が。

金曜ロードショーのオープニングっぽいという意見あり。

そもそも、そのオープニングを覚えてる人は

年齢層ある程度上だよね(苦笑)。

もちろん私はわかる年代ですが。



砂浜を歩いたり、座ったりして

夕暮れを待ちます。

ってかさ、他にももっとふらふらすればよかったんだけど

なんにも事前に情報を入れていかなかったのよねぇ。

やっぱり自転車を借りてみれば良かった。



(針穴写真はこちら)


さてさて、日が落ちかかってきました。

ダンボーも西海岸に立たせてみました。



(針穴写真はこちら)


んで、肝油ドロップ缶もしっかり西海岸の砂浜に立たせました。

通り過ぎる人の好奇な視線は世界共通(苦笑)。



いい夕焼けでした。

堪能〜した。

旅に来て、こんないい夕焼けを見られるとは!




アナハイムに戻って、夕飯は知人ご夫妻と。

「ジャンクなんだけどうまいんですわ〜」(関西人)

という、オススメのラップサンド。

付け合わせにてんこ盛りのポテトフライと

最近あちこちの店で流行ってるというズッキーニのフライ。

しかしですな、ズッキーニを縦に四等分して

長いまんまフライになってるんです。

デカイっちゅうの。

1人分の付け合わせなのに四人で残っちゃうのよ。

どんだけ食えっていうのか。

でもおいしかったのよね〜、これ。

タルタルっぽいソースが特に美味しかったです。



(針穴写真はこちら)


こうして、三日目は終わって行きました。