読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鴨川、棚田の夜祭り


千葉県民になって約半年が過ぎました。

千葉県民になる前から、けっこう千葉には出かけてたんだよね。

なにせ、海が広くてでかいから好きなのです。

で、11月5日(土)に大山千枚田で行われる

夜祭りに行ってきました。

かなり前にシャトルバスの予約をしたんです。

雨女なので、当日になって変更できないのはかなりリスクがありますが

予約した方がいいという事だったのでしてみました。

お天気は、うす曇りってとこかな。

青空〜ではなかった。雨じゃないだけ良しとしよう。


で、今回は南房総フリー乗車券ってのを使いました。

フリー区間内なら乗り降り自由かと思っていたんだけど

最初に降りた勝浦駅で「降りるのは1度まで」って言われたんだよねぇ。

なんとなく、納得できない。


それでも勝浦のキャラクター、カッピーが迎えてくれました。

カツオなんだね、カッピー。



勝浦はきれいな大きな駅でした。

ちょうど近くの大学の文化祭と、

商店街で「いんべやぁフェスタ」をやってて、

人が多く出てました。


めっちゃ美味しいお刺身と煮魚でお昼ごはんを食べたら

海岸に出てみた。

こんな雲がけっこう厚くて、ちょっとがっかり。



ホテル三日月の前の浜にはブランコが。

海に向かってブランコをこげるのは、気持ちがいいです。



電車の本数が少ないので、勝浦はこれだけで鴨川へ。

鴨川駅から予約しておいたシャトルバスに乗りました。

30分ぐらいかかったかな〜。

大山千枚田に到着。

まだ松明も明かりが灯されてなくて、普通の棚田。

1枚ずつがすごく狭くて、作業するのが大変だろうな〜。

でも荒れたところがなくてきれいでした。

5月に水が入ったらまた来たいと思ったのでした。



バスを降りたのは16時頃。

夜祭りには早いけど、

私は夕焼け空と灯り始めた松明を見たかったの。

この日は残念ながら夕焼け空にはならず。

でもたっくさんのカメラな人たちが

既に三脚で場所取りスタンバイOK状態!



係の人、ボランティアの人が、

1本ずつ松明に火を灯していきます。

これが、なかなか点かなくて見ていてもハラハラ。

点けている人も行ったり来たりで大変そう。



だんだんと、日が暮れてきました。



針穴で撮ったのは、ここ位まで。

これ以上は、真っ暗なので無理。

まぁ、すごい装備の一眼レフの中に

空き缶を乗せた三脚を立てて、

かなり異彩を放ってたと思います、私(笑)。

出来上がりもかなり不安。

ただの、明かりが点々としてるだけだったらショックだな。



真っ暗になると本当にきれいで、幻想的でした。

ただ、炎が小さめなので、

ゆらゆらと揺れる松明(時代劇みたいな)を想像してると

ちょっと違うかも。



この日は、本当に寒くなかったので楽でした。

いつもの11月だったら寒くてこんなにのんびり

楽しく眺めていられなかったかもな〜。

でも、来年もできたら行きたいです。

今度は夕焼け空になるといいな〜。



(追記)
針穴写真、できました