読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海へと続く電柱、再訪

日々のこと 好きな...


去年、海へ続く電柱を見に行きました

またまた行ってみたくなり、行ってきましたよ。

今回は満潮時を狙って行きました。


まずは、引き潮中。前回の時より砂地が見えてる。

ギリギリのところまで歩いて行きました。

かなり沖まで歩けるな〜というのが印象。





針穴したり、iPhoneで写真撮ったりしていると

海の音が変わってきた。

さっきまでは、静かだったのに

今は継続的に、ぴちゃぴちゃぴちゃぴちゃと

打ち寄せては返す波音ではなく、

ひたすら近寄ってくる波音。

満潮に向かってきたな〜と、音で感じる。





前に、三番瀬に行った時、音が変わったかな?と思ったら

あっという間に、目の前の砂地が消えて行ったことを思い出した。


江川海岸と久津間海岸にこの海に続く電柱が立っているんだけど

久津間海岸の駐車場には鳥居がどーん。

でも御社とかが見当たらないのです。

どんより曇り空と、誰もいない寂しさと相まって

荒涼とした景色に。





潮干狩り場なので、貝を洗う海水を入れておくタンクらしい。

でかさと色の派手なわりには、さびしくなります。





ここ、潮干狩りのシーズンには盛り上がるんだろうか?

と、勝手に不安に思いますが、どうなんでしょうね。





そして、前回見られなかった、満潮時の姿。

本当に電柱が海の中に立って連なってる。





今度は夕焼けの時に来たいです。

でも、この曇り空もいいんだけどね〜。