読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての江戸川

針穴 日々のこと


毎日通勤で鉄橋を渡るわけですが

音は聞こえても見えないんですよ、鉄橋が。

混雑しすぎて窓の景色が見える場所を確保できない。

そんなわけで、鉄橋見たくて見たくて禁断症状が出たので

見に行ってきました。

見に行くというよりも別の路線の途中下車ってとこ。

そういえば、18きっぷも発売になっているのに

鉄分補給してないよな〜。



降りたのは京成本線国府台駅

国府津が読めなきゃ、国府台(こうのだい)なんて読めないよなぁ。

あんまり京成は乗ってないし乗った時はたいてい爆睡してるので

この駅がこんなに江戸川に近いなんて知らなかった。

1つ東京寄りの江戸川駅でも江戸川に近いんだけど

今回は国府台にして正解。

だって、ホームの端がすぐ鉄橋!!

ここで、当然針穴!





針穴して、鉄橋を眺めてやっと外へ。

すぐが江戸川です。

江戸川ってたぶん初めて見るのかも。

広いね〜。

んで、やっぱり国府台駅で降りて良かったと思ったのは

江戸川駅側だと河川敷のグランドとかあって

堤の上からの景色で川までが遠いんだよね。

そんなわけで、千葉側で正解〜。





京成線の鉄橋を眺める。

う〜ん、いいね、トラス橋。





京成線の鉄橋をくぐって、下流に歩くと

車道&歩道の鉄橋とJRの鉄橋があります。

いつも音だけ聞いてるのはJRの鉄橋だ。





光の表情と位置がくるくると変わって、

ちょうど水上スキーの練習をしてるボートに

まるでスポットライトのように日が射しました。





夕焼けを京成線の鉄橋と一緒に迎えようと戻って

堤の上でぼんやり座って空を眺める。

空や鉄橋や川を針穴しながらぼんやり過ごす時間が

すごく好きだ。





パーっと金色の夕焼けにはならなかったけど

空全体がうっすらピンクに染まってきれいだった。

暑い暑い一日だったけど、川風は気持ちよく

ぼんやり過ごすには良い時間でした。





さて、帰ろうかなと思っていたら

最後の最後に夕焼け色が放射状に広がった。

短い時間だったけど見とれてました。

こういうのがあるから夕焼けって好きなんだよな〜。




そういえばこの日、久しぶりに美容院へ行きました。

伸ばしっ放しになっていて気になっていたんだけど

なんとなく行けてなかった美容院。

ようやく行けたら、なんと12月が最後だったと。

そりゃ、ぼさぼさになってくるはずだな〜。

今度はまめに行かなきゃな。