読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぜひ見てください

しっかりした雨模様の中、

深川番所で行われている企画展『Untitled』を見に行く。

去年の7月に「深川フォトセッション」の一環で

個展をさせていただいたギャラリーだ。

今回は、この部屋丸ごとをカメラオブスキュラにしてあるという。





このギャラリーは場所がいい。

窓から隅田川が見え、行き交う船のエンジン音が聞こえる。

ギャラリー内を真っ暗にし、その窓にこんな穴をつけ

この穴からだけ光を部屋の中に流し込む。





椅子に座って暗闇に目が慣れるのじっと待つ。

だんだんと部屋全体に外の風景が映し出される。

雨でもビルの輪郭、堤防、川面、高速道路を走る車など

しっかり浮かび上がってくる。

上下左右が逆さまで、その感覚が浮遊しているような

落ち着かないような、それでいてしっくりくるような。

部屋の隅から隅に白い筋が動き流れていく。

船が航行して行ったのだ。

波立つ情景が実に独特の感覚を与えてくれる。


真っ暗い中、外からの音が冴えるように聞こえてくる。

じっくりと鑑賞させていただいた。

小さなカメラオブスキュラでは味わえない

この独特の感覚。

季節を変えて、またやりたいとギャラリーの方が言っていたので

ぜひ、次回には見に行っていただきたいです。

その、ギャラリーの方が撮ったものを張り付けておきます。

http://www.flickr.com/photos/udono/5769813435/in/photostream

柱にも映し出されていますね。

http://www.flickr.com/photos/udono/5780713567/in/photostream





雨だったけど、隣の芭蕉さんを見て、

そこからの隅田川の景色を眺め、清洲橋を堪能しました。







そして、代田橋へ。

針穴仲間のさとちんさんが東京で初めて展示するというので

行ってきました。

『photo exhibition : for...』

さとちんさんの焼くモノクロ写真が大好きです。


展示されているのは、カフェなのでしっかりランチもいただきました。

広くゆったりした空間で居心地の良い場所でした。

6月13日までやってますので、お時間がありましたらぜひ。





で、井の頭線に乗って渋谷→銀座線で新橋→ゆりかもめで台場へ。

これは、井の頭線渋谷駅の車止め。

小ぶりながらもがっちりしてて、いいですね〜(苦笑)。





ゆりかもめは、先頭か最後尾をゲットしたい。

てなわけで、1本見送って最後尾をゲット。

雨の水滴がついた窓越しに車止め。





ゆりかもめは景色はもちろんだけど、

私はこのレインボーブリッジを渡る時の

網網のトンネル状になっているところが好きだ。

iPhoneで4秒かけて撮ってみた。




台場で降りて行ったのは

特別企画展『ある日本の原風景 ピンホール写真で視る世界』

こちらでエドワード・レビンソンさんの「時を旅する日本の風景」と

鈴鹿芳康さんの「風 曼荼羅」が展示されています。





すてきなギャラリーというよりも、

豪華です。

ホテルの中なので、花嫁さんが歩いていたりします。





ゆったりした空間で、針穴写真の世界に浸ることができます。

レビンソンさんのモノクロ写真も大好きです。

こちらは6月26日まで。



で、お台場に行ったらこの風景。

雨だけど(苦笑)。針穴もしたよ、一応。





んで、甘い物を食べて、



最後はやっぱり、ビールですね。