読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富士山を見に行って来た





春の18きっぷ。残り2回を友達から譲ってもらいました。

最初は、富士山を見に行こうと思い立ち、出発。





東海道本線は停電や節電の影響で快速がなくなってたり

行き先が変更になってたりしたけど、

無事に国府津駅に到着。

ホームからはこんな海が見えました。





そして、御殿場線に乗車。

御殿場線も停電や節電の影響でダイヤがめちゃくちゃ。

本数がすごく減っていて、国府津から沼津の直通がほとんどなかった。

御殿場止まりで、そこから乗り継ぎって感じ。





ホントは、もっとたくさんの駅を降りられるはずだったんだけど

国府津駅御殿場駅の時刻表をもらったら

かなり間引きされていたので、断念。

まずは一気に御殿場駅へ。


当たり前のことながら、富士山がでかい。

いつも新幹線の中から見てるのとではサイズが違う。

しかも町の中の路地をふさぐようにドーンと見える。





御殿場の町でお昼ごはんを食べて、さて、どうしようかと。

降りられるとしたら、あと1駅。

どうせなら静かで富士山が見える駅がいい。

てなわけで、御殿場駅から沼津方面へ乗車。





降りたのは富士岡駅。

御殿場線はホームが昔の名残で長いんだけど、

駅は静か。

そして、ホームからはこんな景色!





ベンチからだとちょっと建物が邪魔だったので

ホームに直接座って線路に足をぶらぶら。

次の電車は1時間は来ない。

駅の周りをちょっと散歩して。

畑の隅っこに座りこんで、やっぱり富士山を眺める。



1本電車をやり過ごし、もう一度ホームに戻って

富士山を眺める。



桜にはまだ早かったけど、日差しがぽかぽかでのどかだった。

ごろりとホームに横になると、

架線と飛行機雲でXが。





ただひたすら富士山を2時間以上眺めて、眺めて、眺めてました。

こういう時間が必要だったんだと思った。




沼津に出て、夕焼けを見に海へバスで出た。

でっかい展望水門があったんだけど、17時で終了だった。

嵐のように風が強くて、普通に立っているのも大変で

それでも堤防に上ってみた。



目の前に広がる海が強風で波が荒くなっていた。

今までだったらそんな海の表情ものんびり見ていられたんだけど

なんだか、海のそばで海を眺めているのが少し怖かった。

完全に日が沈む前に、夕焼け色を針穴して、帰ることにした。