読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉に行ってきた/旧日向別邸と城ヶ崎(またもや写真ばっかり)

9月26日(日)。

この宿は部屋から見る初島と朝陽もウリの1つ。

前日の曇り空を思うと朝陽が見えるか不安だったけど

目覚ましを5時過ぎにセットして起きた。


雲と水平線と初島と、かろうじて、朝陽。

ゆっくりと空が明るくなってきて、

雲の下に太陽が上がってきたのがわかる。

なんとか朝陽が見られて良かった。

針穴したけど、どうだったかな?



テラスには露天風呂とベンチ。

ベンチに座って海からの風を感じながら

笹の葉の揺れる音を聞いて過ごすのが心地よかった。



さて、お天気もよくなりそうだったし、

前日に予約をした「旧日向別邸」へ。



見学には予約が必要です。しかも土日祝しか見られない。

詳しくは、こちら


坂になっている階段を下りると見た目普通の日本家屋が。



ホントに普通の日本家屋って感じです。



入って予約した名前を告げるとお庭に面した部屋で

時間まで待ちます。

斜面に建てられているので景色がいい〜!

この部屋は撮影OK。



ブルーノ・タウトについてのDVDを見てから地下にあるお部屋へ。


ここからの撮影はOKでしたが、肝心のお部屋は撮影禁止。

デジカメも携帯電話のカメラも禁止です。



公式ページの写真がなんか微妙なんですけど、

実際はすてきでした。

地下と表現されてますが、斜面にあるので明るくて窓が大きいです。

ダンスやビリヤードをやったお部屋から3ブロックに分けられるのですが

よくもまぁ、この3つをひと続きにしたな〜と思う。

1つずつはまったく脈略がなさそうなのに、

なぜか通しで見ると調和がある。

斬新な印象も受けるけど、伝統あるものという印象も受けます。

ボランティアの説明の人がちょっと物足りなかったですが

行って良かったと思いました。



それから、城ヶ崎海岸へ



海の色がきれいなんだけど、波がすごいし、高さもすごい。

頭の中に火曜サスペンス劇場が浮かびますね。



ここ良かったのは、柵や立て看板がないこと。

日本の観光地って、立入禁止とかこれするな、あれダメとか

やたらと看板が多いと思いませんか?

それから過剰とも思えるほどの柵があると思いませんか?

そういうのが、ここないんですよ。

行きたければ、岩の崖っぷちの際まで行けるんです。

でも、普通は怖くて行けないような景色。

釣り人はチャレンジャーだな〜と感心するほど

崖っぷちまで行ってましたけど。




空がだんだんどんよりして来てぽつぽつと雨が落ちてきたので

宿の戻りました。

いやぁ、この海、豪快さときれいさがあって良かったです。




この日の夕食には、でっかい金目台の煮付けが!

もう、これと白いご飯だけで十分なんですけど(笑)。

めっちゃ美味しかったです。