読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偶然の積み重ね

大西みつぐさんとの出会いは偶然以外の何物でもなかった。


去年の9月ルーニィで「針穴魂」をやっていた時

たまたま大西さんがルーニィに立ち寄られました。

その時、たまたま当番で私がいた。

肝油ドロップ缶を見てとても面白がっていただき

名刺をいただいたので、私も名刺をお渡しした。

その住所を見た時に、深川近辺なんだな〜と記憶に残って

それが今回の『深川フォトセッション』の際に

思い出していただけ、声をかけてもらった

てなわけなんです。


今まで、何かが動く時

偶然の積み重ねが重なって重なって

気がつくとここまで動いていた、ということがよくあって

目に見えない縁というものを考えざるを得ない。

タイミングと縁って、何かが動くきっかけになるよね。



で、深川番所で打ち合わせをしてた時。

その日はすぐそばの川沿いで某放送局の生中継をやってた。

深川番所さんはスタッフの控室として場所を提供してたんですね。

なので、打ち合わせ中に入れ替わり立ち替わり

その番組のスタッフの人たちが出たり入ったりしてました。

その中の一人が、じーっと私の顔を見つめるのです。

あまり見られるので私も見たんだけど、覚えがない。

そのうち「まちがってたらごめんなさい、もしかして、○○?」

と、学生時代のあだ名を呼ばれました。

「はい、そうですけど....」と答えたのだけど

私にはその人が誰だか思い出せない。

そしたら「あぁ、そうか、禿げたオヤジじゃわかんねぇか」と

言われたんですね。

その言い回しと、肩のゆすり方を見て記憶が!

「え?××さん?」

「そーだよ!」

「きゃーーーーー!」と、思わず抱き合っちゃいました。

だって、25年ぶり?ぐらいだもん。

周りにいたスタッフの人たちも、ギャラリーの方もびっくり。

中学、高校と同じ演劇部の1つ上の先輩でした。

ひとしきり近況報告をして、お別れ。



このことは、たんなるすごい偶然!にすぎないのだけど

私の中で何かが動きだす時、

必ず懐かしい人との出会いがセットになってるんです。

先輩と偶然出会えたことはうれしいし楽しいけれど

それ以上に、この偶然は今動こうとしていることが

きっと良い方向であるよ、と教えてくれてるような

そんな気がして、背中を押してくれました。