読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプトの道

久しぶりにぽかぽかになったね。

うふふ、今日は有給休暇を使ってお出かけです。

最後の18きっぷをつかって、まずは高崎線



高崎から信越線に乗ります。



ダンボー、初めての群馬の景色です。



終点、横川に着きました。

終点と言えば、車止めです。

終点なのか、始発なのか。

この先にずっと線路が続いていたのにね。



横川と言えば、碓氷峠鉄道文化むら

なのですが、本日は休館日です。

ホントはここに来る目的もあったのですが、

昨日、今日が休館日だと知りました(笑)。



でも、結果的には欲張らずに大正解。

今日はアプトの道を行きます。



峠の湯までは、鉄道文化むらから出ている

トロッコの線路と平行して歩きます。

途中、腕木式信号機を発見!

現役じゃないでしょうけどねぇ。



アプトのレールを再利用したと思われる

側溝の蓋。



廃線になった線路が遊歩道に埋まってます。



鉄道文化むらから出ているトロッコの最初の駅は

丸山変電所

ぐぐるとわかりますが、修復される前はものすごい廃墟だったのですね。



裏側に回るとその廃墟だった時の面影があります。

ちょっと表と違いすぎてびっくりしますよ。



ダンボーも煉瓦造りにぐっときた様子。

平日で、鉄道文化むらも休館で、桜もまだで、紅葉もしてないので

誰もいないんですよ。

静か。

車も通れないしね。

いろんな鳥の声が聞こえてました。

特に、うぐいすが多かったですねぇ。

うぐいすの「ほーほけきょ」に包まれるよう。



廃線跡の道は、峠の湯駅手前でお別れです。

草ぼーぼーの向こうに消えていく線路が悲しい。

昔、軽井沢の家に行く時に乗っていたんだよなぁ。



峠の湯を越えると、そこからは旧線の廃線跡を辿る道。

もう、道に線路は埋まっていないけど

かつてこの狭い幅を機関車が走っていたかと思うと

感慨深いです。

横川駅からずーーーーーーっと緩やかな上り坂。

当たり前なんですが、ホントにずーーーっと上り坂。

歩いていてもけっこうキツくなってきます。


煉瓦造りのトンネルを2つ抜けます。



ひんやりとした地下の匂いのするトンネル。

天井が黒いのは、機関車の煤かな?



2つ目のトンネルを抜けると、碓氷湖。

1周1kmちょっとの小さなダム湖



ダンボーも思わず深呼吸。



芝生にごろりと横になったらあっという間に昼寝しちゃった。

気がついたら30分寝ちゃってた。

だってぽかぽかしてて、気持ちよかったんだもん。



さてさて、まだまだ続く、上り坂。

碓氷湖を後にして、しばらく歩くと今度は連続3つのトンネル。



3つ目のトンネルを抜けると!

今日の最大の目的、碓氷第三橋梁、通称めがね橋!



ダンボーも今日2つ目の煉瓦造りです。



前回はこの前の秋で、しかも車で立ち寄っただけだったので

いまいち消化不良だったので、今回は堪能です。

針穴、するする〜。


前回来た時に国道側から見上げたら

けっこう大木が多くて、木々の間にそびえ立つって感じだったんですが

それがね、その大木が切り倒されてました。

ちょっとびっくりしました。

切り株が真新しかったので、最近切り倒したような気がする。

なんでかな?

倒木の恐れがあったのかな?

それとも、見やすくするため?....じゃないことを願いますが。



めがね橋の上から、廃線になった線路が見えます。

その先3kmの山の中を新幹線は走っているそうだ。



帰りは当たり前のことながら、ずーーーっと、下り坂。

たらたら歩いたつもりでもあっという間に

丸山変電所が見えてきた。



横川と言ったら、峠の釜飯、ですよね。

あの釜が昔は家にはけっこうありました。

でも家じゃ釜飯は作らないしなぁ、と食器棚の奥にあったな。

今は、これを利用した漬け物ができるのがあるのね。

重しがジャストサイズに作ってあって、浅漬けの素がセットだ。


横川駅の周りは峠の釜飯のおぎのやだらけ。

駅前にその場で食べられる店があるので

お味噌汁とのセットで遅い遅い昼ご飯というか、早い夕飯を。



結果的に、鉄道文化むらが休館日に来て良かったです。

とてもじゃないけど、両方は無理。

往復で約10kmの道のり。

のんびり、ゆっくりと歩いて丸一日楽しめました。

峠の湯を越えた所から、要所要所にクリアファイルに入った

説明文があるのですが、これがコンパクトにまとまっていて

知りたいことがきちんと書いてあって、良かったです。

全部読みましたよ。


峠の湯、碓氷湖にトイレがあるので、安心です。

峠の湯にはレストランがあり、そこでも峠の釜飯が食べられるそう。

でも天気が良かったらお弁当を持って

または、峠の釜飯を持って(重たいけど)、碓氷湖畔で食べたら

気持ちがいいと思いますよ。


楽しい日帰りの遠出でした。